あなたに合った脱毛機がわかる! 光脱毛と医療脱毛の「脱毛機の違い」について

あなたのムダ毛や肌の色に合った脱毛機があるって知っていますか?
実は、肌の色や毛質によって脱毛機を選ぶ必要があります。もちろん脱毛したい部位によって毛質や肌の色がわかってくるので、別の脱毛機を使う良い場合もあります。

それでは、あなたに合った脱毛機を探してみましょう。

脱毛サロンの「光脱毛」の機械

脱毛サロンで使わている光脱毛(フラッシュ脱毛)には3種類の脱毛機があります。
「IPL脱毛・S.S.C脱毛・SHR脱毛」です。それぞれの脱毛機でムダ毛をなくす方法が違います。あなたのムダ毛が濃いのか薄いのか、また肌の色によっても選ぶ脱毛機が変わっくるので、どれが合っているのがみていきましょう。

【IPL脱毛】

□IPL脱毛の脱毛サロン
・KIREIMO(キレイモ)
・銀座カラー
・C3(シースリー)
・恋肌
・TBC
・エピレ
・SASALA(ササラ)※ハイブリット脱毛(ISハイブリット脱毛)・・・IPL脱毛+SHR脱毛の両方ができる最新脱毛機BYMACH(バイマッハ)を使用。部位や肌,、毛質によって使い分ける。

クリニック
・湘南美容外科 ※ウルトラ美肌脱毛でIPL脱毛ができます。医療レーザーより痛みが少ない。サロンのIPL脱毛よりも出力が高いので脱毛の効果が出やすいそうです。

男性脱毛サロン
・RINX(リンクス)
・MEN’S KIREIMO(メンズ キレイモ)

家庭用脱毛器
・Kenon(ケノン)
・2PS(ツーピーエス)
・Rei Beaute(レイボーテ グランデ)
・LAVIE(ラヴィ)
・スムーズスキンGOLD

□IPL脱毛の仕組み
インテンス パルス ライト(IPL・Intens Pulsed Light)という複数の波長の光(500ー1200nm)を広範囲に当てます。光はメラニン色素に反応して高熱を発し、ムダ毛にダメージ与えてを生えさせなくする方法です。
医療レーザーとほとんど同じ仕組みですが、医療レーザーは光の波長が脱毛機によって光が当たる部位が深かったり浅かったりして、毛や肌質に合わせて脱毛機を使い分けています。
脱毛サロンで使わているIPL脱毛機は、医療レーザーにくらべて出力は弱いです。

□美白効果
IPL脱毛機には、脱毛の他に「美白効果」があります。シミやそばかす、色素沈着、黒ずみを薄くすることができます。(IPLに使わているキセノンランプは、シミや色素沈着の皮膚再生療法するフォトフェイシャルと同じものだそうです。)

□濃く太い毛向け
IPL脱毛はムダ毛が「濃く、太い毛の人」にオススメです。特にVIO脱毛には効果があります。逆にうぶ毛のような細く薄い毛にはメラニン色素が少ないため、ダメージを与えにくく効果が薄くなり、減るまでに時間がかかります。

□痛み
IPL脱毛は、少し痛みがあります。医療レーザーに比べたら痛みは少ないです。

□日焼けNG
IPL脱毛は、メラニン色素(黒い部分)に光が反応して脱毛をするので、「日焼けした肌」には脱毛することができません。ほくろもNGです。

□通う周期
2-3ヶ月あけて脱毛します。

□脱毛後に毛がポロッと抜ける
IPL脱毛すると、1ー2週間後くらいにムダ毛が抜けます。自然にポロポロと抜け落ちるのですが、脱毛後すぐに無理矢理ムダ毛を抜くのはNGです。待ちましょう。

【S.S.C脱毛】

□S.S.C脱毛の脱毛サロン
・MUSEE(ミュゼ プラチナム)
・脱毛ラボ ※SHR脱毛機が導入されました(2018年8月現在20店舗に導入)
・coloree(コロリー)

□S.S.C脱毛の仕組み
S.S.Cとは、Smooth Skin Control(スムース スキン コントロール)の略で、イタリアの会社が開発した脱毛方法です。
S.S.C脱毛は、抑毛効果のあるフィニリーブ入りのジェルをクリプトンライトという光で照射することで成分を肌に浸透させることができ、ムダ毛の成長を妨げ脱毛します。今生えている毛に効果を発揮します。

□痛み
照射のパワーが弱いので痛みは少ないです。
VIOやワキなどの痛みを感じやすい部分でも静電気程度の痛みなので、痛みに弱い人にオススメです。

□脱毛するスピードが早い
S.S.C脱毛では、抑毛効果のあるジェルを塗り、肌の上を滑らすように脱毛機を動かすので脱毛はスピーディに行われます。

□うぶ毛、細い毛にも効果あり
S.S.C脱毛は抑毛効果のあるジェルが浸透させることで抑毛しているので、メラニン色素に関係なく、うぶ毛やメラニン色素の少ない細い毛にも脱毛の効果が大です。

□太い毛、濃い毛への効果はやや劣る
IPS脱毛と比べると、S.S.C脱毛は太い毛や濃い毛への効果がやや劣ります。VIOやワキ毛などの太い毛をつるつるにしたい場合は18回以上かかるとも言われています。(脱毛の効果は毛の量などによって個人差があります。)

【SHR脱毛】

□SHR脱毛の脱毛サロン
・STLASSH(ストラッシュ)
・La coco(ラココ)
・SASALA(ササラ)※ハイブリット脱毛(ISハイブリット脱毛)・・・IPL脱毛+SHR脱毛の両方ができる最新脱毛機BYMACH(バイマッハ)を使用。部位や肌によって使い分けする。

男性脱毛サロン
・Men’s La coco(メンズ ラココ)

□SHR脱毛の仕組み
SHR脱毛では、脱毛後ポロポロと毛が抜けることがありません。脱毛をはじめて数回は目に見えた効果が少ないので、本当に脱毛できているの?と不安になることも。ですが、それを過ぎると3、4回目以降くらいからムダ毛が薄くなってきたな、自己処理が減ったと感じることができます。(STLASSH(ストラッシュ)の公式HPには施術後1-2週間でポロポロ抜け落ちると記載がありました)

なぜ、SHR脱毛は脱毛後にムダ毛が抜けないのに脱毛できるか。
SHR脱毛の光は毛根(メラニン色素)だけでなく、ムダ毛全体に弱い熱を当てます。この時、ムダ毛をつくる部分(バルジ)を破壊することができ、ムダ毛をできないようにする仕組みです。
今生えているムダ毛にダメージを与えるのではなく、ムダ毛の材料をなくす方法なのです。

□日焼け肌OK、細いうぶげ毛OK
SHR脱毛の最大のメリットは、日焼けした肌でも脱毛できること。仕事で日焼けする人、日焼けするアスリートなどでも脱毛することができます。

また、メラニン色素に熱を与える方法ではないので、ムダ毛の色に関係なく効果を発揮することができます。だから、うぶ毛のような細い毛も脱毛することができます。

□痛み
SHR脱毛は痛みがありません。高熱で毛根にダメージを与える脱毛方法ではないので、高温による痛みが発生しません。
VIOなど太く濃い毛の部位の脱毛も痛みがありません。SHR脱毛は、痛みに弱い人にオススメです。

□通う周期
最短、2週間に1回通うことができます。こんな早い周期で脱毛できるは、メラニン色素に関係のない脱毛方法だから2-3ヶ月も空ける必要がないのです。

□VIOもしっかり照射
デリケートな部分のVIOは粘膜の近くなど、脱毛してほしいところを避けられてしまうケースがあるそうです。
しかし、SHR脱毛ならその心配は無用。肌の色は関係なく、やけどの心配もないので、肛門の穴もダイレクトに何往復も照射してもらえます。

□長期的な結果がまだ不明
SHR脱毛は、2016年頃から注目されはじめた新しい脱毛方法です。
ですから10年先、20年先にまたムダ毛が復活してしまうのかという結果がわかっていません。

クリニックの「医療レーザー」脱毛機

クリニックで使わている医療レーザー脱毛には3種類の脱毛機があります。
「アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザー」です。あなたのムダ毛の毛質、肌の色によって効果のある脱毛機が異なります。

【アレキサンドライトレーザー】

□機種名
・ジェントルレーズ
・ジェントルレーズプロ
・ジェントルマックス(アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを出せる複合機)
・アポジーエリート(アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを出せる複合機)

□取り扱いクリニック
・レジーナクリニック
・湘南美容外科

□アレキサンドライトレーザーの脱毛の仕組み
アレキサンドライトレーザーは、メラニン色素(黒色)に反応して、毛乳頭や毛母細胞に高温のレーザーを当てることで毛にダメージを与え抜けます。
波長の長さは755nm

□脱毛しながらシミ取りできる
アレキサンドライトレーザーは医療レーザー脱毛だけでなく、シミ取りにも使用されることがあります。照射後、肌が刺激されコラーゲン生成されることがあるので美肌効果もあります。

□日焼け肌・色黒肌はNG
アレキサンドライトレーザーはメラニン色素(黒色)に反応するので、日焼けした肌や色黒肌、色素沈着にはやけどのリスクが高くなり脱毛することができません。

□ジェルは使わない
アレキサンドライトレーザーは冷却しながら照射するので、冷却ジェルは使いません。真冬など寒い季節は冷却ジェルで体が冷えてしまい苦手だという人もいます。

□脱毛の効果
脱毛のダイオードレーザーと同等です。

□照射面
アレキサンドライトレーザーの照射面は楕円形です。重ね打ち、照射漏れの可能性があります。

□痛み
医療レーザー脱毛機は基本的にどれでも痛みがありますが、アレキサンドライトレーザーも痛みが強いので、痛みに弱い人にはオススメできません。

□うぶ毛や薄い毛には効果が薄い
うぶ毛や薄い毛はメラニン色素(黒色)が薄いので、照射しても反応しにくく毛は抜けにくくなります。

□二の腕のブツブツに効果

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬・もうこうせいたいせん)もアレキサンドライトレーザーで改善することができます。

【ダイオードレーザー】

ダイオードレーザーには2種類の方式があります。

肌を吸引しながらを低出力で毛根に照射することで脱毛するのがショット式です。皮膚を吸引することで照射面積が広がり照射漏れを防ぎ、毛根にしっかり照射することができます。
波長の長さは810nm

もう1つは、毛根よりも浅い位置にあるバルジ領域というムダ毛のもと(発毛因子)にレーザーを細かく当て、ムダ毛をつくらせない蓄熱式(SHR方式)があります。蓄熱式は低い温度(45-50℃)なので痛みが少ないので痛みに弱い人にオススメです。
メラニン色素(黒い色)がターゲットではないので、肌の色に関係なく日焼けした肌や色素沈着した肌もOKです。また、うぶ毛も脱毛することができます。

□機種名
【ショット式】
・ライトシェアデュエット

【蓄熱式(SHR方式)】
・メディオスターNEXT Pro

・ソプラノ アイス プラチナム

□取り扱いクリニック

ライトシェアデュエット
・リゼクリニック
・アリシアクリニック
・クレアクリニック

メディオスターNEXT Pro
・リゼクリニック

ソプラノ アイス プラチナム
・レジーナクリニック

□痛みが少ない
方式が違いますが、どちらも痛みが少ない脱毛機です。
ライトシェアデュエットは、皮膚を吸引しながら照射するのですが、皮膚が引き伸ばされることによってレーザーが毛根に当たりやすくなり、皮膚のメラニン色素(黒い色)に反応しにくくしています。

メディオスターとソプラノは、蓄熱式で45-50℃と低温なので痛みはほとんどありません。また、先ほどの市説明したように、メラニン色素(黒い色)に反応はしないので、痛みが最小限です。

□うぶ毛などの細い毛OK
ダイオードレーザーは、うぶ毛などの細い毛も脱毛することができます。
指毛や背中のうぶ毛、他で脱毛して残っている細い毛を脱毛したい場合には、ダイオードレーザーの脱毛機を選ぶといいでしょう。

□肌の色は関係ない
ダイオードレーザーは、肌の色を気にすることなく脱毛することができます。日焼けした肌にも脱毛OK

□寒さに弱い人向け
ライトシェアデュエットは、冷却ジェルやアイスパックで冷やす必要がないので冷え性の人に向いている脱毛機です。冷却ジェルで体が冷え脱毛を続けられない人もいるので、寒がりの人にオススメです。

□照射漏れしにくい
ライトシェアデュエットの照射口は四角形なので隙間ができにくく照射漏れしにくいです。
メディオスターとソプラノは、ジェルの上を滑らすように照射していきます。数往復して照射するので、照射漏れしにくいです。

□実績が少ない
メディオスターとソプラノの蓄熱式(SHR方式)は使われるようになって数年しか経っていません。だから10年後、20年後にまたムダ毛が生えてくる可能性などのデータがないのが現状です。理論上は生えてこないそうです。

【YAGレーザー】

□機種名
・ジェントルYAG

・ロングパルスYAGレーザー

YAGレーザー+アレキサンドライトレーザーの複合機
・G-MAX(ジェントルマックス)

・エリートプラス

□取り扱いクリニック
・リゼクリニック(ジェントルYAG)
・フェミークリニック(G-MAX)

□YAGレーザーの脱毛の仕組み
YAGレーザーは、医療レーザーの中でも一番深い皮下組織にレーザーを当てることができます。レーザーの深さは1,064nm。他のレーザーでは届かなかった深さなので、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでは抜けなかったムダ毛に効果を発揮します。

□太い剛毛向け
男性のヒゲ、VIO、ワキ毛など、根深く生えている太いムダ毛に向いているのがYAGレーザーです。メラニン色素(黒い色)に反応して照射します。

□うぶ毛もOK
YAGレーザーは、濃い毛に効果を発揮しますが、薄いうぶ毛もしっかり脱毛してくれます。他の医療レーザーで脱毛しきれなかった薄いムダ毛もYAGレーザーならOKです。

□日焼けした肌、色素沈着した肌OK
YAGレーザーは、日焼けした肌や色素沈着した肌でも脱毛することができます。YAGレーザーは深い部分を照射するので、浅い部分の表面の肌の色は影響しません。色素沈着しがちなVIOも脱毛OKです。

□ほくろ除去・シミやそばかす治療
YAGレーザーはほくろ除去や、シミやそばかす治療にも使われているレーザーです。シミが消えた、毛穴が目立たなくなる、ニキビができにくくなるなどの美肌効果も期待できます。

□痛み
YAGレーザーは、痛みが一番強い医療レーザーです。
相当な痛みのようなので、クリニックでは麻酔をお願いすることができます(追加料金)
痛みはムダ毛が多いときほど強いので、初回やはじめの数回ほど我慢せず麻酔を使うことをおすすめします。
もし、どうしても痛みに耐えられないときは他の医療レーザーに変更してもらうことも可能です。医師に相談してみましょう。

参照:【大阪の脱毛サロン選び専用HP】大阪で脱毛する前にチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>